ブログ

【夫婦問題のカウンセラー業】司法書士の友人に顧客を紹介してもらって得たメリット

 業種

夫婦問題のカウンセラー業

 お客さんを紹介してくれた士業

司法書士

 その士業とご自身との関係

友人

 商談内容

私は以前個人事業主として夫婦問題のカウンセラー業を開業していました。
最初は個人でブログ等で集客のための記事をあげて、お悩み相談なども募集していましたが、集客にはあまり結びつかず、なかなかカウンセラー業だけで一本立ちできない状況でした。

そこで、個人事業主を対象にした集客セミナー塾のようなものに入会しました。そこは起業塾みたいなもので、効果的な集客のノウハウが学べるとあって、これから起業したい人、既に個人事業主として起業している人が多数在籍していました。同期で入塾した生徒の中には司法書士、社労士などの士業の人もいて、私はその中の一人の女性の司法書士さんと仲良くなりました。

最初は同じ生徒同士という間柄で、ブログ術などを一緒に受講し、塾の帰りなどは飲食を共にして自分達のビジネスをどう軌道にのせていくか話し合っていました。私の方が少しITに通じていたので、彼女にソーシャルメディアを活用したオンラインサロンの開設を勧めてみると、彼女が乗り気になりサロンを開き、そこでの集客が上手くいって会員が順調に増えていったようです。私も同様にサロンを開いてみたのですが、彼女ほどは会員も集まらず、ちょっとあせったりもしていました。

彼女は司法書士という仕事柄、離婚関係の手続きや法律相談も受ける事があり、そういう顧客は修復という道もあるとアドバイスして私を紹介してくれるようにもなりました。司法書士の彼女の顧客は男性も多く、熟年夫婦で奥様から三下り半を突きつけられそうになった男性などが困って相談してきたケースも多く、まずはカウンセリングを勧められると目からうろこだったようで、私を紹介されて離婚しかないとあきらめていたケースも修復できるかもしれないと希望をもってくれた事例もいくつもありました。以前私は女性をターゲットにしたマーケティング活動をしていましたが、こういうケースは男性の方が人に相談する方法を探しているかもしれないと視点を変える事ができ、対象を男性に変えてから自身での集客も上手くいきはじめました。

司法書士の友人からも定期的に顧客は紹介してもらえたので、以前に自分で活動していた頃より件数も伸び、売り上げにもつながるようになり感謝しています。司法書士の友人に顧客を紹介してもらえたことで確実にクライアント数の増加にもつながりましたし、自分のターゲティングも明確になって、大きなメリットを享受できたと感謝しています。

関連記事

  1. 【ホームページデザイナー】個人事業主届けをお願いした税理士の方に…
  2. 【鞄販売会社】中小企業診断士からの的確な助言により売り上げアップ…
  3. 【水産加工業】ゴミ同然であったマグロの残さいが売上、利益の増加に…
  4. 【IT】顧問弁護士の紹介によって取引先が増加
  5. 【アパレル】親切すぎる税理士さんとの出会いがターニングポイントに…
  6. 【建築設計事務所】中小企業診断士(経営コンサルタント)とのコラボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

事例募集中!

士業との協業により事業が成長した事例を募集中です。

 

 

「ソラフネの書」のユーザーには、システムをお得に利用できるポイントを付与します。

 

 

PAGE TOP